学科案内

定時制(単位制)について

●単位制は、自分の個性を大切にし、自己目的を達成するために、卒業までの学習計画(時間割)を自分でつくる。無学年の制度です。本人の意欲しだいで、楽しくのびのびと学習できます。
 
●必修科目を含む74単位以上を修得し、特別活動を規定どおり行えば、3年間で卒業できます。
 
●必修科目の他は、学びたい年次に、学びたい科目を選択できるように、多くの科目が用意されています。自分の得意な科目や、資格取得や技能修得を目指した科目、進学・就職など進路に応じた科目を選んで自分だけの時間割が作成できます。
 
●定時制には、昼間制と夜間制があります。自分の生活スタイルにあわせてどちらかを選んで受験することができます。
(併願はできません。) 
 
●すでに他の高校で修得した単位や高等学校卒業程度認定試験で合格した科目がある場合は、審査の上、本校での単位として認められます。
 
●年度末には、転入学・編入学の試験を実施します。
(受付は2月下旬)
 
●特別講座の受講、通信制課程との併修、高等学校卒業程度認定試験合格科目、日本漢字能力検定合格(準2級以上)、実用英語技能検定合格(3級以上)などでの単位も認められます。
 

学習時間帯について 
 
●昼間制:8時45分~15時00分 6時間授業
 (火曜は午前中)
 
●夜間制:17時30分~20時45分まで 4時間授業 
(16時50分から給食)
 

通信制について
 
●通信制は、さまざまな理由で毎日通学ができない方でも、学ぶことのできる高等学校です。卒業後の資格は全日制と同じです。
 
●本校では、4年間の卒業を標準としています。各自の都合で5年以上かけて卒業する人もいますが、学習に専念できる人には必要な科目の単位を3年間で修得して卒業する道も開かれています。
 
●現在の在籍生徒数は約1,000人、年齢は中学校を卒業したばかりの若い人から高年齢の人まで、多彩です。 
 
●高校卒業の資格を得たい人、進学希望者、現代社会に生きていく上での基礎的教養を身につけたい人など、さまざまな人が学んでいます。 

特別講座について

 本校では、定時制課程に単位制が導入された平成3年度から、開かれた学校づくりの一環として特別講座を開設し、一般のみなさまの「生涯学習」の場として活用していただいております。
 この講座は、本校生徒の単位修得の場でもあり、一般の方と本校生徒がお互いにふれあいながら一緒に学ぶことが特徴になっています。
「生涯学習」という言葉が一般の人の目にふれるようになってから、どれくらいの年月がたったでしょうか。
 学習活動は学校に通学する一部の生徒だけのものではなく、万人のものであり、興味や意欲を持ったひとがいつでもどこでもその場に身を置き参加できるように、国や県や地域によって様々な支援体制が整備されつつ今日に至っているわけです。
 また、高校生の社会性や公共心が希薄になってきていると言われる中で、本校生徒が一般の方々と一緒に学ぶこの講座が、人として大切な豊かな心を磨く上で大変役立っていると感じています。
 本講座は、学習活動を楽しむことが第一の目的です。講座を受講された方は、知識や技術のスキルアップ、趣味の活動、芸術、スポーツなど自分にあった学習活動をされています。
 本講座では、これまで、幅広い年齢層の人たちが、和気あいあいとした雰囲気の中で、学ぶことの楽しさ、すばらしさを味わっています。みなさまの積極的な受講をお待ちしています。

 募集については、特別講座のページをご覧ください。
 

 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸南高等学校