校長挨拶

 

水戸南高校 (定時制通信制の単位制高校) Webページへ ようこそ !

 

 高等学校の定時制通信制教育は,就業等のために全日制高等学校に進学できない青年に後期中等教育の機会を提供するものとして制度化され,今年で70年という節目の年を迎えます。
 本校は,昭和46年に水戸第一高校通信制,水戸第二高校・水戸商業高校の定時制(夜間制)が統合し,本県唯一の定時制通信制の独立校として開校しました。

平成3年度入学生から定時制を単位制による課程とし,募集定員を昼間制80名,夜間制40名としました。

また,平成16年4月通信制を単位制による課程とし,平成22年4月通信制被服科をライフデザイン科に改称,募集定員を40名とし時代の流れとともに変化してきました。

しかし,開校当時から変わらないことは,「風雪に耐えてこそ巨木の年輪ハ刻まれる」という校是のもと,常に明るくのびのびと学習を続け,高い理想と強い向上意欲に燃える豊かな心情と丈夫な身体とを兼ね備えた,心身ともにたくましい人間を育成するという,本校が目指す学校像です。

そして,自由な校風のもとで単位制高校の特色を生かすことにより,小・中学校で不登校を経験した生徒や,高校を中途退学した生徒を初めとする多様な生徒の,潜在的な能力や適性を伸ばせるような指導と,働きながら学ぶ者,進学や就職を目指す者,文化やスポーツに特異な才能を持つ者,生涯学習の一環として学ぶ者など,様々な目的をもって学ぶ生徒が,一人一人の夢や目標を実現できるよう努めてきました。

 

「今さら」の「さ」の字を「今から」に替え,そして「今なら」とこの機を逃さず,これから取り組もうとしているあなたの新たな目標に向けて,水戸南高校は応援しています。


水戸南高等学校長  武藤 洋一

 
 
 
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸南高等学校