校長挨拶

令和3年度のごあいさつ

                          茨城県立水戸南高等学校長 川内 孝雄

 水戸南高校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。本校で2度目の春を迎えております、校長の川内です。今年度も、よろしくお願いいたします。

1 「普通」のスクールライフ
 本校のホームページでご覧いただきたいのは、昼間制の「よろずメモリー」、夜間制の「過去のイベント情報」、通信制の「学校生活」のページです。それぞれの課程の教職員が、行事ごとに更新しています。「定時制って何をやってるの?」「通信制はどうなの?」と思われることもあると思いますが、授業やスクーリングだけでなく「普通」の高校生活の活動が、年間を通して行われています。
 水戸駅南口ペデストリアンデッキから本校正門まで、私(59歳)の足で普通に歩いても約10分です。人々が行き交う賑やかな通りから少し歩いただけで、木々に囲まれた静かな空間が現れます。その場所で、日々行われているのはごく普通の普通科の高校生活です。

2 「足し算」の学校
 水戸南高は単位制をとっています。合計で74単位以上を取得できたら卒業の資格を得られます。検定試験や高卒程度認定試験の結果も単位として認定しています。
 水戸南高校は、学年制をとっておらず、それぞれの生徒が自分の履修パターンで学んでいます。無理せずに学んで3年間で卒業ができる教育課程ですが、生徒によっては4年以上の時間をかけて卒業します。4年目以降であっても、授業ごとに顔を合わせる生徒が違うこともあり、臆することなく出席することができます。ある意味、大学での学びを先取りしている本当の単位制です。
 単位制と学年制を合わせている高校では、年間で決められた単位を一定以上取得できなかったらもう一度やり直しとなります。本校は、足りないところに目を向ける「引き算」ではなく、できたものを積み上げていく「足し算」の学校です。「足し算」が終了したところが、その生徒の卒業です。
 そのため、次の年度にどの授業を受講するかという履修登録については、一人一人数ヶ月の時間をかけてオーダーメイドで行います。多くの生徒が中学校からの新入学ですが、年度末には転入学・編入学試験を行っています。それまでの他の高校で取得した単位ももちろん「足し算」になります。
 
3 ユニバーサルデザインの視点
 誰かにとって必要なことは、みんなにとって便利という考えがあります。人には、誰にも「困った」が起こります。そのようなときに、相談できる場所が充実していたら、その人にとっては救いになり、周りの人にとっても安心が生まれます。
 スクールカウンセラー、社会人相談員、キャンパスエイド、学習支援員、心理士の資格も持つ専門的教員、通級指導など、さまざまな「困った」に気軽に笑顔で明るく対応できる分厚い体制があります。このセーフティネットがあるために、学校全体の学習環境に安心感が生まれています。
 進学などの高い目標を持つ生徒には、グループ指導または個別指導で、目標達成をとことん応援します。その成果が、令和2年度には、茨城大学への2名の合格者、その他私立大学への合格につながっています。
 「誰かの必要」は「みんなの便利」、まさにユニバーサルデザインの視点を持った、新しい学校です。

4 50周年記念行事を実施します
 令和2年度は、本校の50周年でした。11月に実施する予定だった記念行事は、新型コロナウイルス感染症対策のため、今年度に延期されました。
 11月2日(火)に記念式典を実施します。感染症への心配から、ご来賓はごく限られた方々とし、PTA、同窓会の代表の方々に出席を願います。当日の講演では、本校の歴史を知る方々に、年代ごとにお話をいただく予定です。令和2年度の卒業生のために作成した一足早い記念品、校是入りのエコバックも大変好評です。
 
 本校の特色をご理解いただければ幸いです。 
  検索サイトに「水戸南」と入力したときに、一番上に水戸南高校が出てくるように、精進したいと思います。お力をいただけますようお願いいたします。
 

メニュー




       
 

住所

〒310-0804
茨城県水戸市白梅2-10-10
TEL
 029-247-6173(代表)
 029-247-4284(通信制)

FAX 029-248-6694

メールアドレス
<学校全体

koho@mitominami-h.ibk.ed.jp

<定時制

teiji@mitominami-h.ibk.ed.jp

<通信制

tsu-shin@mitominami-h.ibk.ed.jp
 
COUNTER263718
著作権の扱い |  リンク集 |  免責事項
(c) 2015 茨城県立水戸南高等学校